リフォームをしよう!確認しておきたい点とは?

マンション経営のリフォームは目的が大切

マンション経営をしているときにリフォームをしようと考えたらまずは目的を決めることが大切です。空室対策をする場合もあれば、劣化を防ぐ目的で実施することもあります。家賃を上げられるように設備投資を行おうという場合もあるでしょう。賃貸経営をしているときにリフォームをするなら、目的を明確にして、かけた費用が無駄にならないように計画をすることが大切です。莫大な投資をして少しの利益しか得られないという状況にならないように気をつけましょう。

リフォームの住人への影響を考慮

リフォームをする際には大小の工事が入ることになります。その際に住人にどのように影響が出るかを確認しておきましょう。住んでいる人がいてもできるというのを前提にしなければならない場合が多いでしょう。その際に予め告知をしておく配慮も欠かせません。リフォームによる騒音や振動などがストレスになって退去者が出てしまわないように気を払うのがオーナーにとって重要なことです。リフォーム会社と相談して周囲への影響をよく確認しておきましょう。

賃貸目的であることを忘れない

高い付加価値をつけて入居者を募ろうと必死の思いになってしまうと、より良い設備を整えようとしてしまいがちです。しかし、あくまで賃貸物件であることは念頭に置いておく必要があります。他人が使用するものであり、自分にとって価値が高いものが全て他人にとっても魅力があるわけではありません。世の中で人気がある設備を選んで設置するという考え方を持ちましょう。リフォームの費用対効果を高めるために欠かせない考え方です。

賃貸物件の入居については家主が定めた規約を守ることが入居者に求められる姿勢です。その一方で家主の側には規約が法律や社会常識から逸脱した内容にならないように努める責務があります。